お客様の声

当事務所をご利用いただいたお客様の声をご紹介させていただきます。

頼りになる先生です

独立され、大変な時でも丁寧にご対応頂き信頼でき、頼りになって頂ける先生です。
今後も引き続き、宜しくお願いいたします。

神戸市 K.K.様(40代・男性)


(弁護士コメント)

当事務所が法律顧問をさせていただいている会社の役員さんです。
日頃から様々な事項についてご相談いただき、弁護士の意見も十分踏まえた対処をしていただいているので、大きなトラブルが起こることもなく、安心して見ていられます。
こちらこそ、引き続き、よろしくお願い申し上げます。 

迅速な対応、ありがとうございました。

弁護士が複数いらっしゃれば、事務所としての安定感が増すと思います。
迅速な対応、ありがとうございました。

大阪市 S.Y.様(40代・男性)

(弁護士コメント)

前勤務先に対する残業代請求の事案を担当させていただきました。
残業時間数が多く、非常に多額の請求となりましたが、裁判まで至ることなく示談で早期に解決できました。

S.Y.様は、お仕事柄、法律事務所もたくさんご存じで、当事務所の体制についてもアドバイスいただき、ありがとうございました。
お客様の立場からすると、「弁護士が複数いた方が」というのは十分理解できますので、中長期的な課題として検討させていただきます。
(でも、私は何でも人任せにせず、自分でやりたい方なので、やっぱり今の体制で行くかも…。ゴメンナサイ。(>_<)) 

話を親切に聞いてくださり、問題を解決していただきました。

結婚していた当時の事(20年以上の)古い話を親切に聞いて下さり、問題を解決していただきました。
本当にありがとうございました。
心よりおれい申しあげます。
今後共、どうぞ宜敷しくお願い致します。

大阪市 Y.M.様(70代・女性)

(弁護士コメント)

ご本人も記憶にないくらい昔に貸付けをしていたとして、複数の貸金業者から多額の請求が来ていた事案の債務整理を担当させていただきました。
最終的には、消滅時効を援用するなどして解決しましたが、弁護士が「盾」となって債権者との間に入ることに意義があった事案だと思います。

弁護士に債権者対応をすべて任せることでようやく重い肩の荷が下りて、ご安心いただけたようで、よかったです。
 

本当に助かりました。何かあれば、またお願いします。

前の事務所でしたが、ほんとにたすかりました。
何かあれば、又、お願いしたいです。
(ない方がいいのかな?)

大阪市 T.Y.様(60代・男性)

(弁護士コメント)

私が独立する前に、以前に勤務していた事務所で債務整理と過払金請求を担当させていただきました。

「何かあれば、またお願いしたい」と言っていただけるのは、私もとっても嬉しいですが、確かに、弁護士に相談しないといけないような場面は、ない方が絶対いいですよね(笑)。

懇切丁寧な対応、ありがとうございました。

何度も相談の機会を設けていただき、かつ懇切丁寧な対応、有難うございました。

大阪市 O.S.様(50代・男性)

(弁護士コメント)

かなり強硬な姿勢で取立をする債権者がいたため、その債権者に対する対応をご依頼いただきました。
債権額がかなり多かったため、一時は「自己破産も」という話がありましたが、最終的には、債権の一部を分割弁済し、残額を放棄いただくことで和解ができました。

連帯保証人のお母様ともども、かなり憔悴しておられたので、話し合いにより何とかうまく解決できて、私もほっとしております。 

細かな部分にも相談に乗っていただけて、安心感がありました。

ホームページに写真が載っている所は安心するポイントでした。
判例などがケース毎にあれば、相談しやすくなると思います(「私の相談はどうだろう?」という迷いが少なくなります。)

細かな部分にも相談に乗っていただけたので、安心感がありました。

大阪市 M.Y.様(40代・男性)

(弁護士コメント)

懲戒解雇の無効を争う事案(労働審判)を担当させていただきました。
最終的には、懲戒解雇を撤回して会社から解決金を支払ってもらう形で調停が成立しましたが、裁判所の反応が予想以上に厳しく、金額面では必ずしもご満足いただけなかったかもしれません。

しかし、M.Y.様からは、その後、再就職先のお仕事の関係でご相談をいただいたこともあり、上記のような結果であったにもかかわらず、私をご信頼いただけたことは、大変嬉しく思っております。

ホームページについては、一層充実したものにできるよう、頑張ります!

的確なアドバイスがいただけた

説明がきめ細かく丁寧であり、また、相談内容に応じて的確なアドバイスがいただけた。

京都市 Y.K.様(60代・男性)

(弁護士コメント)

有期雇用契約の終了(雇い止め)に関する事案を担当させていただきました。
やや特殊な契約形態で、会社からは「雇用契約ではなく、委任契約だ」などという主張も出されましたが、訴訟提起、証人尋問を経て、裁判所に雇用契約との心証を形成していただき、最終的には裁判上の和解により、会社から解決金を支払ってもらう内容で解決ができました。 

その後、再就職されたと伺っておりますので、今後益々のご活躍をお祈りいたしております。

誠実な人柄と丁寧な対応で、安心できました。

誠実な人柄と丁寧な対応に、安心してお任せすることができました。
結果にも満足しており、また何かあった際には是非お願いしたいと思います。

神戸市 O.S.様(70代・男性)

(弁護士コメント)

最初は、賃借物件の明渡しに関する交渉で、相手方としてお目に掛かりました。
その後、私のことを気に入っていただき、今度は、亡くなった知人が経営していた会社(知人の死亡後、O.S.様が形式的に代表者に就任)の処理(自己破産申立)をご依頼いただきました。 

このようなケースは珍しいのですが、相手方だった方から事件のご依頼をいただくと、心からご信頼いただけたのだなぁと思って、とても嬉しくなります。

今後も、事件で出会うすべての方からご信頼を寄せていただけるよう、頑張って参りたいと思います。

細かな気遣いがなされていて、時間と共に不安から安心へと変わりました。

細かな気遣いがなされていて、初めてで不安もありましたが、時間と共に不安から安心へと変わりました。
ありがとうございました。

大阪市 O.H.様(40代・女性)

(弁護士コメント)

債務整理・過払金請求の事案を担当させていただきました。
途中、債務整理以外にもご親族の関係などで様々なトラブルがあり、そのような点も併せてご相談に乗らせていただきながら、事件処理を進めました。
最終的には、相当額の過払金を手元に残していただける形で解決ができました。

一般の方からすると、法律事務所は敷居が高いと感じられるでしょうが、思い切ってご相談に来ていただき、良い形で解決ができて、私も嬉しく思っております。 

頼りにしております。

団体を立ち上げるための適切な指導。
我々では対応出来ない案件を処理していただける事。
先生には大変ご無理なお願いばかりで申し訳なく思っています。
今後共、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

さぬき市 K.A.様(70代・男性) 

役員一同、皆、たよりにしております。
今後共、よろしくお願いします。
先生も体には 十分気をつけて、これからも頑張ってください!

吹田市 Y.R.様(60代・男性)

(弁護士コメント)

当事務所で法律顧問を担当させていただいている団体の役員の方々です。 
団体の立ち上げの時から、継続的にご相談をいただいておりました。

また立ち上げ後、間もないですが、今後、益々発展していかれることと思います! 

信頼できる先生です。

その節は色々とお世話様になりまして、ありがとうございました。
信頼出来る先生でよかったと思います。
これからもよろしくお願い申し上げます。
事務の方にもよろしくお伝え下さいませ。

大阪市 H.Y.様(60代・女性)

(弁護士コメント)

遺産分割事件を担当させていただきました。
相手方が証拠もないままに特別受益等の主張をしてきたため、解決までに少し時間を要しましたが、最後は、ほぼH.Y.様のご意向に沿った形で遺産分割の調停が成立しました。

私が受任する前も含めれば、長期間にわたって様々な経過があった事件ですが、調停成立で過去の問題に一応の決着を見ることができて、よかったです。

いつも助けていただいております。

いつも助けていただいております。
ありがとうございます。

浜松市 K.T.様(30代・男性)

(弁護士コメント)

労働省時代の同期で、今は、地元に戻って会社経営をされています。
債権回収、不動産関係の問題などで、ちょくちょく相談に乗らせてもらってます。

ここのところ、静岡地裁浜松支部へは行っておりませんが、弁護士を頼まなくて済むよう、しっかり儲けてください!(笑) 

本当にお願いしてよかったです。

知人の紹介ということで、はじめからおわりまで弁護士さんを信用しておまかせできたので、本当にお願いしてよかったと思っております。

枚方市 N.T.様(70代・女性)、M.C.様(60代・女性)

(弁護士コメント)

遺産分割事件を担当させていただきました。
こちらに不利な遺言書があったため、一時は「自宅から退去しないといけなくなるかも」という話もありましたが、最終的には、相手方との話し合いにより、無事にご自宅を確保していただくことができました。

全般的には不利な状況の中でも、大事な生活の基盤を守ることができて、私もホッとした事案です。 

▲このページのトップに戻る