ご注意ください

                   【ご注意ください】
最近、当事務所と大阪中央労働基準監督署の名前を語り、「残業代サービスしてませんか?」「一度給与明細をご確認してください」等と記載したハガキを送付する事案が発生しておりますが、
当事務所では、上記のようなハガキ、ダイレクトメールは一切お送りしておりません。 
誰が何の目的で当事務所の名前を語ったハガキを送付しているのかが分からず、当事務所も困惑しているところですが、もし、上記のようなハガキを受け取った方がおられる場合は、そのハガキは当事務所とは全く無関係ですので、直ちに破棄していただきますよう、お願いいたします

ごあいさつ

IMG_0069-43.jpgこの度は、堀政哉法律事務所のホームページをお訪ねいただき、ありがとうございます。

私は、労働省(現厚生労働省)を退職した後、平成16年に弁護士登録し、以来、6年半にわたって、元大阪弁護士会副会長・塩路広海弁護士の下で執務してまいりました。そして、平成23年4月に独立して、堀政哉法律事務所を開設いたしました。

どんなご相談でも、十分に時間をとってお話を伺い、その依頼者の方にとって何が最善であるかを常に考えながら、丁寧な事件処理をさせていただきます。

「法律」「裁判」というと無機質で近寄りがたいイメージを持たれるかも知れませんが、依頼者の皆様と共に悩み、考え、そして、よりよい解決に向けて、共に歩んで行く、そのような弁護士でありたいと考えています。

不当解雇・残業代請求、借金・多重債務(債務整理・自己破産)、交通事故、遺言・遺産相続等の法律問題でお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 → 詳しいプロフィールは、こちら

当事務所が提供するリーガル・サービスの特徴

労働行政の経験を通じて、労働法の分野に精通

労働法は、一時、司法試験の選択科目から外されていたこともあり、労働法を体系的に学んだことがない弁護士も多いのが実情です。
時には、労働法に対する理解が不十分なのではないかと思わされることも、ないわけではありません。

この点、当事務所は、労働省(現厚生労働省)本省や労働基準監督署での勤務経験を通じて労働法の分野に精通しており、不当解雇・残業代請求等の労働事件について、適切なアドバイスで皆様の権利実現のお手伝いをさせていただくことができます。



時間をかけて、わかりやすくご説明します

一人ひとりのお客様に対して、十分に時間をとり、丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。

ご相談いただいた問題点に対し、採りうる選択肢とそれぞれのメリット・デメリットをお示しして、お客様にとって最も望ましい解決策を、一緒に考えさせていただきます。
お客様が納得できないまま、お話を進めることはありませんので、ご安心ください。



迅速かつ丁寧な事件処理

ご依頼いただいた事件は、可能な限り迅速に処理いたします。それは、紛争が継続している限り、当事者の皆様にはどうしても心理的なご負担が伴いますので、一刻でも早くそのような負担から解放され、喜んでいただきたいからです。

もちろん、スピードを重視するがために、拙速な処理を行うことはありません。皆様にご信頼いただけるよう、迅速でありながらも、丁寧な事件処理を心がけております。

この関係で、事件処理の「質」を十分に確保するため、受任事件が一定数に達したときは、新たな事件の受任をお断りさせていただく場合があります。その際は、悪しからずご了承ください。

 

  

主な取扱業務のご案内

主な取扱業務などのご紹介です。下記をクリックして、詳細をご覧ください。

 → 不当解雇

 → 未払賃金・残業代請求

 → 多重債務(債務整理・自己破産)、過払い金請求

 → その他の取扱い分野

 

お問合せ・ご相談はこちら

不当解雇・残業代請求、借金・多重債務(債務整理・自己破産)等の法律問題でお困りの方は、お電話またはメールにてお気軽にお問合せください。
大阪市、堺市その他大阪府下を中心に業務を行っておりますが、神戸、京都、滋賀、奈良、和歌山等にお住まいの方のご相談も承らせていただきます。

あなたの問題解決のお役に立てれば、幸いです。 

 

▼▼お電話でのお問合せ・法律相談のお申込はこちら▼▼
TEL : 06-6360-7871
受付時間 : 9:00〜18:00(土曜・日曜・祝日は除く)

※ 「弁護士に相談するようなことかどうか、わからない」という場合でも、お気軽にお問合せください。

  → メールでのお問合せ・法律相談のお申込は、こちら

▲このページのトップに戻る