事案の処理

事件を受任したら、速やかに事件処理に着手し、お客様に、随時、報告・連絡・相談させていただきながら、解決に向けて、事案の処理を進めてまいります。

着手

事件を受任し、お客様から委任状等をいただき、委任契約に基づく着手金をお支払いいただいたら、速やかに事案の処理に取りかかります。

交渉事件であれば、相手方に通知書等を発送し、訴訟(裁判)事件であれば、裁判所に訴状や答弁書などを提出します。
刑事事件であれば、まずは警察署や拘置所等に出向いて、接見をするところからスタートすることになります。

いずれにしても、法律相談や事件受任後の打ち合わせにおいて、事案の見通し等をご説明し、お客様にご了解をいただいた方針に従って、事案の処理を始めていくことになります。

お客様のご了解をいただかないまま、弁護士が勝手に事案の処理を進めることはありません。
じっくり時間をかけて問題点などをわかりやすくご説明し、ご納得いただいたうえで、事件を進めてまいります。
もし、説明を聞いてもわかりにくいことや、不安に思われること、疑問に思われることなどがございましたら、何度でも、遠慮なくお尋ねください。

事案の処理経過のご報告

事件に着手後、相手方に通知書を送付した、裁判所に訴状や準備書面などを提出した、相手方から回答書や答弁書などが届いた等といった進展がありましたら、その都度、お客様に経過をご報告させていただきます
また、事件の見通しなどについても、変化があれば、随時ご報告させていただきます。

ご依頼いただいた事件の進捗状況については、お客様との間で常に情報や認識を共有しながら、事案の処理を進めてまいります。
弁護士からご報告させていただいた内容に関してでも、その他のことに関してでも結構ですので、何かご不明の点などがあれば、いつでもお問い合わせください。

打ち合わせ

事件の処理を進める中で、今後の処理方針にも影響するような重要なポイントにさしかかっている時、込み入った内容である等の理由から、じっくり時間をかけてご説明した方がよいと思われる時、直接お会いしてお客様のご意向を確認させていただきたい時などには、弁護士事務所までお越しいただいて、打ち合わせをさせていただきます。

やはり、お顔を拝見しながらお話をさせていただいた方が、お互いの理解も深まります。
ですから、当事務所では、事件の進行中も、できるだけお客様との打ち合わせの時間を持たせていただくようにしております。


また、事件は生き物ですから、状況は刻々と変化していきます。
その中で、改めて打ち合わせをして確認したり、教えていただいたりして、主張や立証のために使える材料をご提供いただくことがあります。
打ち合わせでは、ご提供いただいた材料をどのように法的に構成して、どのような対処方針で臨むのか、そのご説明や確認などもさせていただきます。

このように、必要に応じて随時打ち合わせを行い、お客様と弁護士がタッグを組んで二人三脚で事案の解決へ向けた取り組みを進めてまいります

事案の解決 〜新しい人生へのスタート

事案が解決すれば、お客様が得られた利益の程度に応じて、委任契約で決めた報酬(成功報酬)を頂戴します。

皆さまのお悩みごとが少しでも早く解決し、前向きな気持ちになって、新しい人生へのスタートを切っていただくことができれば、私たちにとっても、この上ない喜びです。
私たちがそのお手伝いをできたら。そんな思いで、日々事件に取り組ませていただいております。

 

→ 報酬金(成功報酬)などの弁護士費用(報酬)については、こちらをご覧ください。

▲このページのトップに戻る