ハラスメントを巡る法律関係

図1.png


上記のうち、主として問題になるのは、加害者・使用者に対する民事上の責任追及(損害賠償)です。

ただし、加害者については、懲戒処分(けん責、減給、出勤停止、懲戒解雇等)のほか、事案によっては刑事処分(暴行罪、傷害罪、強制わいせつ罪等)の問題が生じることもあり得ます。

また、被害者がハラスメントを受けた結果、精神疾患となり休業を余儀なくされた場合には、労働災害が問題となることもあります。

▲このページのトップに戻る