判断基準

ある行為が違法なハラスメントに当たるかは、

@ 両当事者の地位、両当事者の関係
A 行為態様(行為が行われた時間、場所等を含む)、それに至る経緯
B 加害者の意図・目的
C 行為時の被害者の対応

等、諸般の事情を総合的に考慮して、その行為が社会通念上許容される限度を超えていると言えるか否かを基準に判断します。

※ 違法性の判断基準は「被害者の主観」ではなく「社会通念」です。

▲このページのトップに戻る