マタニティハラスメント(マタハラ)

妊娠・出産や育児休業等を理由として、不利益な取扱い(解雇、降格、不利益な配置転換、減給等)を受けたり、これらに関する上司や同僚の言動(嫌がらせ等)により就業環境が害されたりすることです。

嫌がらせには、次の2つの類型があります。

(1) 制度の利用への嫌がらせ型

産前休暇、育児休業等の制度の利用に関する言動により就業環境が害されることです。

これらの制度の利用について上司に相談したところ、「休むなら辞めてもらう」と言われる、請求を取り下げるよう言われる等が該当します。

(2) 状態への嫌がらせ型

女性労働者が妊娠・出産したことや、これらに伴って就労できなかったこと、労働能率が低下したこと等に関する言動により就業環境が害されることです。

上司に妊娠を報告したところ、退職するよう言われる、「妊婦はいつ休むかわからないから仕事は任せられない」等と繰り返し言われる等が該当します。

▲このページのトップに戻る