パワーハラスメント(パワハラ)

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為です。

※ 上司から部下に対するものに限られず、職務上の地位や人間関係といった「職場内での優位性」を背景にする行為が該当します。

パワハラには、次の6つの類型があります。

(1) 身体的な攻撃
殴る、蹴るなどの暴行や、丸めたポスターで頭を叩く等が該当します。

(2) 精神的な攻撃
脅迫、名誉毀損、侮辱、ひどい暴言等であり、同僚の目の前で罵倒する、必要以上に長時間にわたり繰り返し執拗に叱る等が該当します。

(3) 人間関係からの切り離し
隔離、仲間外し、無視等であり、1人だけ別室に席を移される、強制的に自宅待機を命じられる等が該当します。

(4) 過大な要求
業務上明らかに不要なことや達成不可能なことの強制、仕事の妨害等が該当します。

(5) 過少な要求
業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと等であり、事務職なのに営業所の草むしりだけを命じる等が該当します。

(6) 個の侵害
私的なことに過度に立ち入ることであり、交際相手について執拗に尋ねる、家族の悪口を言う等が該当します。


これらの行為が違法なパワハラに当たるかどうかは、具体的な事情に即して判断することになりますが、厚生労働省のパワハラ対策総合情報サイトも参考になりますので、ご参照ください。


▲このページのトップに戻る